2005年06月

怪しい部品到着 2

またまた、怪しい部品が到着した音符さぁて、これはなんやろう~笑顔
KICX1511.jpg
M3のある部分を修理する為に取り寄せたんやが、実はコレ、バイク用の部品だがや!
以前、某難解部品に、探しに行ったんやが、
ちょうどエエサイズが無かったもんだで、そのままにしたったんやわ
コレでなんとか直せるかしゃんはてな

・・・ちなみに、現在M3は不動車になっとるわけや無いでね
ちゃんと動くでね・・・ほんとやでね・・・
暑いで乗りたないだけやでね・・・

走りつづける理由

(今日は“ナゴヤ弁”お休みです)

何のために走り続けるかはてな

人それぞれ理由はあると思う・・・・
ライバルに勝つため? 
自分の速さを誇示するため? 
スポンサー獲得のため?

でもね、良く考え直してみよう!!
どうして、自分はクルマに夢中になったのか?
答えは簡単びっくり 「走ることが楽しいから」 でしょう音符

クルマをぶつけて壊してしまっても、
試合でケチョンケチョンに負けてしまっても、
思ったような走りができずに悩んでしまっても、
君はまた、走りにいくでしょう?

思うような成績が出ないで、悩んでいる君!
さぁ、原点を見つめて、楽しく走ろう~!!

久しぶりに山道を走って、てつじんは思った・・・

「やっぱり、クルマは楽しい♪」 笑い

ロータスエクシージ試乗3

(つづきです)
駆動方式は違うものの、
不思議とDC2インテグラのジムカナ車に近い加速、操縦感覚なんやが、
タイヤも含めて市販状態のままで“この感じ”は、
どう考えても反則やろ~笑顔びっくり

タイヤといえば、このエクシージには、ヨコハマとロータスが共同開発した、
エリーゼ用アドバン048が装着されとるが、コレについて、
ちょっと気づいたことがある。
048ちゅうタイヤは、トレッド面がまぁるくなっとって、
加重を乗せない状態(加速も減速もしない状態)では、
直進時のステア中央の応答が頼りない感じがするんやが・・・
エリーゼ、エクシージ用の048は、その感じがあんまりせぇへん
なんでやろ…車両の走行距離は約8000キロやったで、
真ん中が平らに減って、直進の安定がよぅなっとったんやろうか?
それとも、対地キャンバーが±0やと、
こんなにも落ち着いた感じになるんかしゃん?
ネガキャンに頼ったセッティングも、考えなおさなアカンかなぁ~?
KICX1507.jpg
あぁ、そうそう、エエことばっかやのぅて、欠点もイロイロあるんやわ
荷物が積めんとか、むっちゃ暑い日はエアコンがイマイチとか・・・・
まぁ、そんなことはスポーツカーにとってたいした問題やないんやけど…
てつじんが一番困ったのは、「後ろが見え~せん!!」
外観をよぅ見れば当たり前なんやが、斜め後ろは全く見えせん!
真後ろも、窓の後ろには、エンジンフードがあって、
黒いメッシュのカバーがあるもんで、真後ろからクルマが来とるかどうか
くらいは分かる…ちゅう程度のもんなんやわ~
まったくもう、カウンタック並みに後方視界が悪いんやが、
これもスーパーカーのお約束なんかしゃん ^_^;

“走るためのマシン”としては、メーター類も、
もちょっとちゃんとしたもんが欲しいね~
水温計も、現在の温度が、数値で小さく液晶モニター内に表示されるだけやで、
走行中に一瞬でどんなもんかの確認ができせん・・・
油温計や、油圧計も、必需品やなも!

朝から夕方まで、一日中スポーツカーで走り回ったのは、
本当に久しぶりやったが、思ったよりも疲れは感じなんだんやわ
やっぱ重量級ハイパワーマシンでは、こうはいかんやろし、
反対にスパルタン過ぎるスーパー7とかでも、疲れてまうやろね
もちろんエクシージは、普通のクルマやにゃあで、
十分スパルタンなんやが、必要最低限の装備と快適性は、
犠牲にしとらん、オトナも乗れるプチスーパーカーや
 <で~らだっさ~まぁちょっと気の利いたキャッチコピーは無いんかてぇ~!!

ロータスエクシージ試乗2

市街地を早々に後にして、早速試乗コースに向かった音符
舞台は、山岳○走族の頃の血が騒ぐ、近隣の某○△山と、■◎ダム♪
ん~~コレではどこか分ってまうかしゃんはてな笑顔;;;

鞭を入れてダッシュを開始すると、
200馬力弱やで、おそぎゃあほどの加速は、せぇへん・・・
やっぱジムカナでもRX7やNSXには勝てんかもしれんわ困った

それでもCRX並みのサイズとウエイトやから、必要十分なパンチのある加速やびっくり
(どんくらいが必要十分かは、そのステージと個人差があるけど)
とにかく、山岳のワインディングでは、軽快で楽しいびっくりびっくり
アルミモノコックのボディも、でらカッチリしとるし、バネの設定も柔らか過ぎず適切、
もちろんダンパーも自然な感覚、ブレーキバランスもエエし、
最新のABSは、滅多なことでは介入してこぅせんのだわ~ 
ロータスってスゴイなぁ~ もう、すっかり風吹裕矢になった気分や~

シャシは、でぇ~ら扱いやすくセッティングされとって、
限界までは極めてニュートラル、限界付近では基本的には弱アンダーやった!
サーキットやなかったで、無理やりオーバーになりそうなことはせなんだが、
立ち上がりで、ちょっと早めか、多めにアクセルを開けると、ほんのちょこっと
オーバー気味になる感じやが、トラクションが勝っとるもんだで、
グイグイ前に出て、すぐに収まってまう感じやった

1速まで使いたなるようなタイトコーナーでも、
30M3やったら、暴れん坊になってまうのに、なんじゃコリャ~はてな
ちゅうほど、落ち着いた挙動なんやわ~ ミッドシップのトリッキーな特性が、
フロントから弱アンダーを発生させることのよって、唐突に出んように
でら旨いことセッティングされとる感じなんやだわ~
さぁ~すがはロータス、サイコーのコーナリングマシンや~ロケット

ちなみに、見た目、フロントタイヤの対地キャンバー±0に近いで、
コレをもちっとだけネガティブにして、LSDを組んだったら、
もっと積極的にアクセルで曲がるセッティングにもできそうやにウインク  (まだつづく)

KICX1510.jpg

エクシージのスペックは、こちら↓
http://www.lotus-cars.jp/contents/products_html/exige.html

ロータスエクシージ試乗♪

今日もでぇ~ら暑かったなも~!!こんな暑い日やが、
てつじんは、エクシージの“半開”?“全開”?試乗のため
久しぶりに一日中、クルマを走らせとったんだがね~
カキオ君、貴重なクルマのテストドライブをありがとう♪
(某ケイスケ会長は、スズカに試合に行ったが、
 またしてもはっきり結果のわからんメイルを送ってった・・・)

さてと・・・
今回乗ったエクシージは、ド派手なオレンジで、
エンジンフードのメッシュ部分をはじめ、各所にブラックが配色され、
まるでスズメバチみたいだがや~
リアウイングを外し、デフューザをやや大型化した以外は、ほぼノーマルやげな
CRX並みのコンパクトなサイズやが、1,159mmの全高は、小学1年生の身長くらい
しかあらせん!!さらに、むっちゃ低いルーフと、「ココ、バッテリーが入っとるん?」
ちゅうくらい幅の広いサイドシルのため、乗り込むのにはちょっとコツが要る・・・
腰痛筋肉痛の時は絶対に乗りたないがな~
なりは小さいのに、立派に“スーパーカー”しとるんだわ~

街中を走り始めると、その低さを実感するんだわ。スーパー7ほどやないが、
大型トラックに踏み潰されそうな感じはするし、隣にS2000が並んだら、
見上げてまうくらいやがね~ それに何といっても目立つびっくり目立つびっくり
派手にカラーリングした競技車両に乗り慣れたてつじんでも、ハズカシイくらいだわ^_^;
(つづく)
KICX1470.jpg
全長 3797mm
全幅 1727mm
全高 1159mm
ホイールベース 2300mm
トレッド 前/後 1457mm/1507mm
最低地上高 130mm
車両重量 875kg
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ