今日はちょっと、30M3のことを考えてみよまいか・・・・
以前から考えとったことなんやが、
前回の鈴鹿での不調もあって、今後はまぁちょっと“空気”のことも考えてみよかとおもっとる。
まぁ、派手な羽根とかは、つけたないし、予算も限られとるで、
その中で、一番コストパフォーマンスの高いもんを採用せなかん・・・・
それにはまず、現状の分析からやらなあかん

【現状の問題点】
1コーナー、ダンロップ、まっちゃん・・・この3箇所で、以前より安定に欠けとる
2分40~36秒くらいまでは、あまり感じへんかったが、
35秒台に入ってから、でら顕著に感じるようになったがや・・・・
速度があがっとる証拠かもしれん笑顔はてな
「安定に欠ける」とは、場所やライン、走らせ方によるが、
ある時は、フロントが浮く感じやったり、リアが流れ出す感じやったりする。
で、行きたいとこに行けず、車の安定するとこに持ってくしかない、ちゅう感じ・・・
空力的には圧倒的に不利な、クラシックなセダンボディやで、
しゃあないちゅうたら、しゃあないんやが・・・

deppa2.jpg←30M3にも純正で、
エボ2用のデッパとか、
スポエボ用のデッパとか、
後ろの追加羽根とか、
未導入のパーツがまだまだある・・・
どれもケッコウな値段するんやけど、
どうしょうかしゃん・・・・(つづく)
【注意点】
ただし、以下のことには注意したい
・あんまり前のダウンフォースばっか追求すると、
 相対的に駆動輪の抑えが足らんくなってまって、かえってオーバーステアになってまう
・リア“にも”デカイ追加羽根つけたり、GT羽根つけたりすると、最高速が落ってまう
 (リア“だけ”デカイ羽根では、前が浮く感じは解決できせん)
・あんま派手なエアロは、ハズカシイでかん・・・・・・ダメ