コレが、てつじんのバイブルだがね~クラッカー

drivingm.jpg
 ドライビング・メカニズム

 運転の「上手」「ヘタ」を科学する

 黒沢 元治 著 



 運転が上手くなりたい人は、

 買って読みましょう~ びっくり笑顔







目 次

プロローグ ◎|今、なぜドライビングの「理屈」なのか

第1章◎|なぜクルマの運転は人を魅了しながらも、危険なのか

 なぜクルマの運転は楽しいのか
 なぜクルマの運転は難しいのか
 運転に必要なのは的確な予測、そして認知・判断・操作のエンドレスな行為
 黒沢流のドライビング理論とは

第2章◎|黒沢流ドライビングを理解するための基本エレメント

スポーツ・ドライビングを構成する要素
 ステアリング・インフォメーション
 神経の情報伝達速度
 クルマの情報伝達速度
 時間軸を加味したステアリング・インフォメーション
 摩擦円の基本を考える
 荷重移動と荷重変動
 スリップ・アングル
 タイヤの発熱
 ステアリング・インフォメーションを距離で考える
 コーナリング・ラインは正円の連続
現役レーシング・ドライバー時代から
 肌では感じていたドライビング理論

時速300キロコーナリングの苦悩 黒沢琢弥

第3章◎|サーキットを走って考えるドライビング理論

鈴鹿サーキットを走って考える、ドライビング理論
 第1コーナー:摩擦円を理解する最良の場
  “目線”のはなし
 第2コーナー:荷重“移動”を積極的に使う高等テクニック
  “コーナリング・センサー”のはなし
 S字コーナー:切り返しの難しさ、リアの荷重移動の管理
  “縁石”のはなし
 逆バンク:クリッピング“ゾーン”という概念
 デグナーカーブ:前後左右へのスムースな荷重変化のおさらいの場
 “タコメーターを使ったトレーニング”のはなし
 ヘアピンカーブ:姿勢が乱れやすい中での急制動
 スプーンカーブ:後輪の摩擦円を頭に描く
 130R:情報の伝達に要するタイムラグをドライビングに包括する
 シケイン:荷重移動のためのアクセル操作
  “待ち時間”のはなし
筑波サーキットを走って考える、ドライビング理論
 第1ヘアピン:基本のドライビングスキルをアップするに絶好
 ダンロップ下:スリップ・アングルを小さく、左右ヨーをいかに滑らかに移すか
 最終コーナー:荷重の管理の教材
 サーキット・ビギナーに共通する誤り

用語解説

あとがき